興味がありますか オファー? クーポンを利用して節約しましょう WhatsApp o 電報!

「Xiaomi Auto」は 2016 つだけです。巨人がXNUMX年設立の会社を告訴

ダイナミックなテクノロジー業界では、商標と商号を保護することが極めて重要です。最近の例としては、 Xiaomi、電子製品およびインテリジェントハードウェアの有名なメーカーですが、ブランドを保護するために法的措置を開始しました。

「Xiaomi Auto」は 2016 つだけです。巨人がXNUMX年設立の会社を告訴

Xiaomi SU7 Max Pro Founders Edition 公式モデルの価格 カラー Xiaomi 車
シャオミ SU7

Xiaomiとの間で法的紛争が激化した。 青島小米自動車販売サービス有限公司. という名前にもかかわらず、テクノロジー大手とは何の関係もない会社です。この紛争は、自動車サービス会社が公式ウェブサイト、販促資料、実店舗でシャオミグループのものと非常によく似たロゴと書体を使用しており、消費者に誤解を招く可能性があることに焦点を当てている。

この訴訟は14月XNUMX日に青島市黄島地方裁判所で審理され、Xiaomi Technology Co., Ltd.が原告として出廷する。によって提起された質問 小米科技 特に同社の自動車分野への参入発表後は、ブランド保護の重要性を象徴している。混乱を避け、消費者が正しく識別できるようにするには、さまざまな企業が提供する製品とサービスを明確に区別することが不可欠です。

Xiaomi SU7の内部写真
シャオミ SU7

青島小米汽車販売サービス有限公司は2016年1月に設立され、登録資本金はXNUMX万人民元で、XNUMX名が共同所有しています。 Xiaomi に関連する企業との資本関係がないことでも、Xiaomi のビジュアル アイデンティティを強く思い出させる独特の要素の使用を妨げることはありません。

また、知らない人のために、中国語の「xiaomi」は「キビ」、つまりシリアルに翻訳されることも指摘しておきます。したがって、正式な名前ではありません。

いずれにせよ、シャオミの動きは、ブランド価値と市場への影響力を守るための大企業に共通する防衛戦略を反映している。企業のイメージと評判が重要な資産である時代において、シャオミの法廷闘争は、商標の流用や悪用を防ぐための絶え間ない警戒とタイムリーな法的措置の重要性を浮き彫りにしている。

あとは裁判所の判決を待つだけです。

Pierpaolo Figuccia
Pierpaolo Figuccia

オタクで、テクノロジー、写真、ビデオ メーカーに情熱を注いでいます。 もちろんXiaomi製品も大好きです!

購読します
知らせます
ゲスト

0 注釈
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
XiaomiToday.it
及び