fbpx

Redmi K30には120Hzスクリーン、サイドリーダー、Sony 60MPセンサーが付属していますか?

それを学んだ後 Redmi K30はもっと近くなる可能性があります 数日前に思ったより。 今日、2019の後半で最も興味深いスマートフォンの1つになる可能性のあるものについて、より多くの詳細が届きます。

新しいMIUI 11内のコードを検討したXDA-Developersサイトの開発者のおかげで、実際に、中国ブランドの次のフラッグシップキラーに搭載できる機能のいくつかについて学びました。

Redmi K30には120Hzスクリーン、サイドリーダー、Sony 60MPセンサーが付属していますか?

Redmi K30 Redmi K30 Pro 120HzソニーIMX686

XDAスタッフによると「Phoenix」となるRedmi K30のコード名から始めましょう。 このコード名のデバイスは、上記の画像と結合されます。 これは、指紋センサーを備えたスマートフォンを表します。指紋センサーは、Redmi K20の後継機では見られないテクノロジーですが、ご存知のとおり、画面の下に指紋センサーを採用します。 さらに、常に同じ画像で、穿孔スクリーン内のダブルカメラの存在に注意します。これにより、これまでに見たさまざまな噂や噂をすべて確認できます。

さらに、MIUI 11ソフトウェアでは、もう1つの非常に重要なデータ、つまり「isSuppotHighFrameRate」関数が隠されていました。 名前が示すように、この関数は画面のリフレッシュレートを変更するために使用されます。 特に、標準の60Hzと120Hzの間で変更することができます。90Hzは、通常XNUMXHzで動作する高周波数のスマートフォンと比較しても高い周波数です。

Redmi K30 Redmi K30 Pro 120HzソニーIMX686

コード名Phoenixを備えたスマートフォンは、これから1年間で最高のイメージセンサーの1つであるSony IMX686を搭載できるため、これで終わりではありません。 はい、その通りです。RedmiK30は、ほぼ間違いなく、まだリリースされていないSonyの次の最高レベルのセンサーを採用します。 この情報は、MIUI 11コードで常に見つかりました。MIUI686コードには、デバイス上で検出されるさまざまなセンサーがすべて表示されます。具体的には、「phoenix_imx5」、「phoenix_s3k2t02」、 1リアカメラと2つのフロントの時代にいるので、明らかにこれらの4つのイメージセンサーがスマートフォン上の唯一のものではないかもしれません。

Redmi K30 Redmi K30 Pro 120HzソニーIMX686

残念なことに、XDA-Developersチームは、すべての公式および無差別がMediaTek Helio M70を指していても、デバイスに採用されたCPUなどの詳細を見つけることができませんでした。 5G SA / NSAデュアルモードネットワークをサポートする中国のチップメーカーの最後のプロセッサ。現在市販されている他の製品よりもパフォーマンスが高く安定した5Gテクノロジーです。

ソース

アマズフィットGTS
🇨🇳EU優先ライン配送(15 / 20gg、税関なし)✈
102€ 199€

電報のロゴオファーに興味がありますか? TELEGRAMチャンネルをフォローする! 電話、タブレットガジェット、テクノロジーに関する多くの割引コード、特典、グループ限定の特典など。

オタク、テクノロジー、写真、ビデオメーカー、ゲーマーに情熱を注いでいます。 もちろん、Xiaomi製品も大好きです! Twitterで入手できます。

購読します
知らせます
ゲスト
1 コメント
最も投票された
より新しい より古い
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
ポール
ポール
11ヶ月前

Snapdragonチップセットを搭載したProバージョンを期待しています。画面はフラットのままです。
横のセンサーについては、画面下のものが本当にうまく機能しないので嬉しいです。

XiaomiToday.it  -  Xiaomi製品のためのイタリアのコミュニティn.1
製品を比較
  • 合計(0)
比較します
0